izumiの一人言

2018年12月11日

福岡市 緩和ケア ALS

 

ALS筋萎縮性側索硬化症のお悩みありませんか?

こんにちは脳梗塞パーキンソン病専門鍼灸整骨院イズimageimageミです

当院は、外出困難な患者様には、訪問診療を実施中です

状態や保険の種類により無料体験も実施中

体の関節 筋肉の拘縮 手足の震え 体のあらゆる可動性ろと発語や顔面の筋肉の硬直を改善に導かせていただきます

手足のこわばり

震え

発語

関節が動かない

どれかひとつでも当てはまればご相談ください
また脳梗塞パーキンソン病以外にも 膀胱直腸障害 糖尿病 透析患者 ALS 筋萎縮性側索硬化症 抗がん剤治療サポート緩和ケア なども対応しております

今回は
パーキンソン病と類似する症状があるものの全く異なる
ALSについてです

ALS筋萎縮性側索硬化症について

ALSの症状は、初期に 手足が動かしにくくなることで気づかれる場合が多く、次第に「ろれつが回りにくい」または「食べ物を飲み込みにくい」といった嚥下障害や球麻痺といったものが最初にあらわれる場合もあります。
初期状が出て数ヵ月たつと、徐々に「手足の運動障害 関節拘縮」「会話などの言語障害・嚥下障害」そして恐ろしいのが初期の息苦しさから始まる「呼吸器障害」の発症があらわれます。

症状の進行具合は患者さんによって異なりますが
基本的に進行性で放置すればするほど進行していきます

症状の進行度に関係なく診断を受けたら適切なケアが必要となる疾患です。

とても珍しいと思われがちですが実は、結構いらっしゃいます
当院の治療は、
最新の高周波治療と治療音波電気治療そして鍼灸による
拘縮を改善に導く専用のプログラムです
まずはお問い合わせお待ちしております
TELL0924064927
TELL09094066094
LINEショートメールでも予約受付中です。

当院は予約が混みあっておりますので可能であればLINEショートメールでの予約をお願いします。

img_0931imageimageimage

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東洋治療院 izumi
http://izumiharikyu.com/
住所:福岡市中央区大名1-2-15
坂田ビル3F
TEL:092-406-4927
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

page top